指圧療法(読み)しあつりょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

指圧療法
しあつりょうほう

指や手掌で身体を外表から押して病気や異常を治療する方法。昔から「押し治療」と呼ばれて「あん摩」とは区別されている。現在の指圧にはカイロプラクティック (脊柱調整療法) の原理も取入れられている。部位は主として首筋,背部,腹部手足で,これらの部位の筋を押すことによって筋肉を弛緩させ,神経および内臓機能を活発化させる。全身的な保健法であるが,とりわけ疲労肩凝り,神経痛,不眠症,などに効果があるといわれる。高熱のある急性炎症,化膿症,出血性疾患,などには忌とされている。なお指圧は医師でなくても行えるが,これを業とするには,免許を受けなければならない。また中国のあん摩の中の「指針」は指圧とよく似ているが,これは臓腑経路学説に基づいて経穴 (つぼ) を対象に行うものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しあつ‐りょうほう〔‐レウハフ〕【指圧療法】

指圧により治療する方法。筋肉や神経の機能を高めるための軽圧・快圧、機能を抑えるための衝圧がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しあつ‐りょうほう ‥レウハフ【指圧療法】

〘名〙 指などで人体を押す治療法。局部を手の指または手のひらで押したり揉(も)んだり叩(たた)いたりすることによって、神経を刺激し、血行を盛んにして、筋肉の凝りや諸病を治療する方法。指圧。指圧法。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しあつりょうほう【指圧療法】

身体の表面から手指または手掌で適当な圧力を加えることによって,生体変調を矯正したり,健康を増進したり,病気を治すことを目的とした療法。あんま,マッサージとともに手技三法といわれる。明治以降の西洋医学全面採用の政策により,従来のあんま術が病気の治療より慰安術に変化したため,大正初期になって,古来のあんま術に導引(呼吸と体操法),柔道活法などを用いた療術師たちが,アメリカのカイロプラクティックchiropractic(脊柱矯正療法)やオステオパシーosteopathy(整骨療法)など近代的手技療法の理論技法をとり入れて発展させてきたものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android