コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益州名画録 えきしゅうめいがろく Yi-zhou-ming-hua-lu

2件 の用語解説(益州名画録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

益州名画録
えきしゅうめいがろく
Yi-zhou-ming-hua-lu

唐代の乾元年間 (758~60) から北宗の乾徳年間 (963~68) までの,益州 (成都) で活躍した画家の略伝とその画蹟を著わしたもの。北宗初期,黄休復の撰。蜀に長く滞在した撰者が,画家 58人を逸,神,妙,能の4品に分け,実見した画蹟を中心に論評を加えている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

益州名画録
えきしゅうめいがろく

中国の美術書。唐(とう)末五代(10世紀前半)の益州(四川(しせん)省成都)で活躍した画家たちの伝記。全3巻。宋(そう)の黄休復の撰(せん)。中唐以後、益州の地は比較的社会秩序がよく保たれ、経済的にも恵まれたため、戦乱を逃れてこの地に移住してくる知識人が多く、一大文化の中心を形成した。本書は58人の画家をあげ、画格の優劣を逸、神、能、妙の4格に分類し、小伝を付して論評している。正統的画法から逸脱した画家に最高の評価を与えていることが注目されるが、寺院壁画に関する記述などとくに興味深い。[吉村 怜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

益州名画録の関連キーワード宣明暦雲彩嘉元乾元盛唐ケッペンの乾燥度指数勾当内侍(1)李徳裕乾元重宝乾元大宝

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone