コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北宗 ホクシュウ

デジタル大辞泉の解説

ほく‐しゅう【北宗】

中国北部で行われた禅宗の一派。開祖は五祖弘忍の弟子の神秀漸悟(ぜんご)を旨とする。日本へは道璿(どうせん)が伝えた。北宗禅。→南宗
北宗画」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほくしゅう【北宗】

〔中国北部で行われたことから〕 禅宗の一派。禅宗第五祖の弘忍の門下、神秀の系統をいう。漸悟主義をとる。我が国へは道璿どうせんが伝えた。北宗禅。 ↔ 南宗
「北宗画」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北宗
ほくしゅう

南宗」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の北宗の言及

【画論】より

… 元・明・清は,夏文彦《図絵宝鑑》,姜(きよう)紹書《無声詩史》,張庚《国朝画徴録》が編年体で画史を記す。この時代はおおむね文人画主流の時代であり,文人画論は,銭選の隷体論,倪瓚(げいさん)の逸筆草草論,何良俊の利家・行家論を経て,明末の莫是竜・董其昌の南北宗論に至り極まった。南北宗論は,中国絵画を南宗と北宗に分け,南宗の正統性を論じたが,南宗はまた文人画でもあった。…

※「北宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北宗の関連キーワード八木岡春山楞伽師資記益州名画録村上委山田村月樵荷沢神会南頓北漸杉谷雪樵六祖壇経王【き】南宗画院体画ぜんご嵩岳寺耀州窯董其昌臨済宗長崎派李思訓馬和之

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android