北宗(読み)ほくしゅう

精選版 日本国語大辞典「北宗」の解説

ほく‐しゅう【北宗】

〘名〙
禅宗で、五祖弘忍の弟子神秀を祖とする一派。中国の北方で行なわれた。長い修練の後、次第に悟りの境地に至るという主義で、日本へは、道璿(どうせん)が伝えた。北禅。
※本朝無題詩(1162‐64頃)一〇・夏日禅房言志〈藤原周光〉「莫奇南阮貧居北、其奈北宗禅在南」 〔景徳伝燈録‐四〕
随筆・玉洲画趣(1790)「北宗と申候は、唐土の禁庭なる画院の官人の筆格、都の画匠の流派にて」 〔文斎書画譜‐一二・明薫其昌論南北二宗画〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「北宗」の解説

ほく‐しゅう【北宗】

中国北部で行われた禅宗の一派。開祖は五祖弘忍の弟子の神秀漸悟ぜんごとする。日本へは道璿どうせんが伝えた。北宗禅。→南宗
北宗画」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「北宗」の解説

北宗
ほくしゅう

南宗」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の北宗の言及

【画論】より

… 元・明・清は,夏文彦《図絵宝鑑》,姜(きよう)紹書《無声詩史》,張庚《国朝画徴録》が編年体で画史を記す。この時代はおおむね文人画主流の時代であり,文人画論は,銭選の隷体論,倪瓚(げいさん)の逸筆草草論,何良俊の利家・行家論を経て,明末の莫是竜・董其昌の南北宗論に至り極まった。南北宗論は,中国絵画を南宗と北宗に分け,南宗の正統性を論じたが,南宗はまた文人画でもあった。…

※「北宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android