盗人上戸(読み)ぬすびとじょうご

精選版 日本国語大辞典「盗人上戸」の解説

ぬすびと‐じょうご ‥ジャウゴ【盗人上戸】

〘名〙
① 酒もよくたしなみ、甘い物もよく好む人。両刀使い。
② 自分で金を出さずに大酒を飲むこと。また、大酒を飲み耽溺すること。また、その人。
※滑稽本・古朽木(1780)二「五倫の道に背きても、酒を愛して身を亡す者あり、則これを名づけて盗人(ヌスビト)上戸とはいふなり」
③ 酒を多量に飲んでも顔色や様子に酔いがあらわれないこと。また、その人。そら上戸。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「盗人上戸」の解説

ぬすびと‐じょうご〔‐ジヤウゴ〕【盗人上戸】

酒も甘い物も好む人。両刀遣い
酒を多量に飲んでも顔やようすに酔いの現れないこと。また、その人。
「当飲はげに―」〈読・八犬伝・三〉
[類語](1両刀遣い雨風辛党左党左利き上戸甘党右党甘口

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android