左党(読み)さとう

精選版 日本国語大辞典「左党」の解説

さ‐とう ‥タウ【左党】

〘名〙
① (フランス議会で、議長席の側に座席を占めていたところから) 政府に対する反対党。野党。また、社会主義的、共産主義的な政党。左翼。左派。⇔右党(うとう)
※新しき世界の為めの新しき芸術(1917)〈大杉栄〉七「有らゆる迷信や、右党若しくは左党の狂言に惑はされない民衆を」
② 酒を好む人。酒飲み。ひだりきき。⇔右党(うとう)
※新版大東京案内(1929)〈今和次郎〉盛り場「神谷バーは自家醸造の洋酒一点張りで左党(サタウ)を吸引し」

ひだり‐とう ‥タウ【左党】

〘名〙 左利き②の仲間。酒好きな人、酒飲みの仲間。さとう

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「左党」の解説

さ‐とう〔‐タウ〕【左党】

《フランス議会で、議長席から見て左側に座席を占めたところから》左翼政党。⇔右党
酒好きな人。酒飲み。⇔右党
[類語](2辛党左利き上戸両刀遣い盗人上戸雨風

ひだり‐とう〔‐タウ〕【左党】

さとう(左党)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android