コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盛懋 せいぼうSheng Mao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

盛懋
せいぼう
Sheng Mao

中国,元の職業画家。嘉興 (浙江省) の人。字は子昭。父洪の跡を継ぎ,初め南宋の画院待詔陳かくの子,琳の画風を学び,また趙孟 頫 (ちょうもうふ) の影響を受けた。山水・人物・花鳥画をよくし,明代の院派浙派 (せっぱ) ,呉派の画家に大きな影響を与えた。代表作『山居納涼図』 (ネルソン・ギャラリー) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいぼう【盛懋 Shèng Mào】

中国,元の職業画家。生没年不明。字は子昭。浙江省嘉興の人。父の盛洪の画風を継承し,また南宋末の画院画家陳珏の子で趙孟頫(ちようもうふ)の門人でもあった陳琳に学び,のち画法を変え山水,人物,花鳥画に巧緻にすぎると評されるほど卓絶した技量を示したといわれる。現存作品には南宋院体画様式や趙孟頫と元初の文人による復古主義の影響がみられるが,とくに山水画には同郷の呉鎮などの元代の董源・巨然派の筆墨法と共通するものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

盛懋の関連キーワード元の美術

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android