コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

監獄の誕生 かんごくのたんじょうSurveiller et Punir.Naissance de la Prison

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

監獄の誕生
かんごくのたんじょう
Surveiller et Punir.Naissance de la Prison

フランスの哲学者 M.フーコー著。 1975年刊。 J.ベンサムの考案した刑務所モデル「パノプティコン (一望監視施設) 」から着想を得たフーコーは,近代的自我の創出が不可視の他者に「見られる」という視線の政治学に貫かれていることを主張する。人間の身体を細分化する,見えざる視線の権力技術は,それが社会領域に応用されるとただちに規律・矯正の体系へと拡大する。支配者が自己を誇示するのではなく,おのれの姿を隠すことで支配の全域化と被治者の個別化を同時に行う権力技術は,近代の中央主権国家化だけでなく,家庭や学校などでの微細な日常の個人生活まで管理する全体主義的体制の論理を読解する重要な視点とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

監獄の誕生の関連キーワードフーコー(Michel Foucault)パノプティコンの住人ポスト構造主義ディシプリンネオ・ジオ社会統制体罰

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

監獄の誕生の関連情報