コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目力/眼力 メヂカラ

デジタル大辞泉の解説

め‐ぢから【目力/眼力】

目の表情や視線が他人に与える印象。特に、その人の意志や内面の強さなどが現れているように感じさせる目の表情。視線自体から感じる圧力・圧迫感。「―がある」
あるものを見て、それを頼りに思うこと。
「柴の家居を―に、漸(やうやう)鄙(たどり)つく息も苦しき胸を撫おろし」〈浄・源頼家源実朝鎌倉三代記
[補説]「眼力(がんりき)」は別語

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めぢから【目力】

目が与える強い印象。また、目に意志の強さなどが表れているさま。

もくりょく【目力】

目の機能。視力。 「年老い-衰へて/即興詩人 鷗外

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

目力/眼力の関連キーワード木ノ本嶺浩真島光平電気力線永田怜奈吉田克己即興詩人岸本尚子二段目囲み目補説意志視力分力家居

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android