目木/小蘗(読み)メギ

デジタル大辞泉の解説

め‐ぎ【目木/小蘗】

メギ科の落葉低木。山地に生え、枝に縦に稜(りょう)があり、鋭い刺(とげ)をもつ。葉は小さく倒卵形。4、5月ごろ、小さい黄白色の6弁花が下向きに咲き、晩秋楕円形の赤くつやのある実を結ぶ。枝葉などを煎(せん)じて目薬とする。ことりとまらず。よろいどおし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めぎ【目木】

メギ科の落葉小低木。山地に生える。よく分枝し、鋭いとげがある。葉は小さい倒卵形。春、黄色の小花が咲く。果実は長楕円形で赤熟。古く枝・葉の煎汁を眼薬にした。樹皮や木部は健胃薬・黄色染料とする。コトリトマラズ。ヨロイドオシ。漢名、小蘗。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

目木 (メギ・メキ)

学名:Berberis thunbergii
植物。メギ科の落葉小低木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

め‐ぎ【目木】

〘名〙 メギ科の落葉小低木。本州の関東以西、四国、九州の山野に生える。高さ約二メートル。枝に刺があり、前年の枝にみぞがある。花枝の葉は全縁で、葉身は倒卵形または楕円形で長さ一~三センチメートル。四月、淡黄色の小さな弁花が下向きに咲く。雄しべに触れると動く。果実は長さ約一センチメートルの長楕円形で赤く熟す。木部は健胃薬や黄色染料に使う。枝・葉の煎汁を洗眼薬に使ったところからの名。漢名に小檗をあてる。ことりとまらず。よろいどおし。めぐい。〔名語記(1275)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android