コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目黒和三郎 めぐろ わさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

目黒和三郎 めぐろ-わさぶろう

1865-1923 明治-大正時代の神職。
慶応元年6月14日生まれ。権田直助(ごんだ-なおすけ)に師事。明治36年国学院主事兼皇典講究所幹事となる。のち郷里神奈川県大山の阿夫利(あふり)神社,奈良の竜田(たつた)神社,大神(おおみわ)神社の宮司をつとめた。大正12年10月23日死去。59歳。専修学校(現専修大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

目黒和三郎の関連キーワード大正時代神職

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android