直取引(読み)ジカトリヒキ

デジタル大辞泉の解説

じか‐とりひき〔ヂカ‐〕【直取引】

じきとりひき」に同じ。

じき‐とりひき〔ヂキ‐〕【直取引】

仲買人を通さず、売り手と買い手とが直接行う取引。じかとりひき。
証券会社を通さず、売り手と買い手とが直接売買する証券取引。
コール市場を通さず、金融機関どうしで接行うコール資金の取引。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じき‐とりひき ヂキ‥【直取引】

〘名〙
① 取引所でかつて行なわれた株式実物取引の一つ。売買取引の契約成立の日から五日(のちには二日)以内に受け渡しをしなければならないもの。
※取引所法(明治二六年)(1893)一八条「取引所の売買取引は直取引、延取引及定期取引の三種とす」
仲買人の手を経ないで、当事者間で直接にする取引。
※恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉三一「銀次とても膝組で直取引(ヂキトリヒキ)をした訳では無し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android