コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直接請求権 ちょくせつせいきゅうけん

1件 の用語解説(直接請求権の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

直接請求権

地方レベルの政治においては、住民の意思がより政治に反映するように、直接的政治参加が制度的に保障されている。直接請求権として、(1)条例の制定や改廃を請求する権利(国民発案またはイニシアチブ)、(2)地方公共団体事務の監査請求権、(3)地方議会の解散を請求する解散請求権、(4)地方公共団体の首長、議員、その他主な公務員の解職を請求する解職請求権がある。(1)と(2)が成立する条件は有権者の50分の1の署名、(3)と(4)が成立するためには3分の1以上の署名が必要である。また、国会がある特定の地方公共団体のみに適用する法律を制定する時は、当該地域の住民投票により、投票者の過半数の同意を得る必要がある。

(蒲島郁夫 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直接請求権の関連キーワードコア・ベネフィット・レベル一般製品レベル期待製品レベル拡張製品レベル潜在製品レベル草の根民主主義政治教育合意民意レベルダウン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone