コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直腸粘膜脱症候群 ちょくちょうねんまくだつしょうこうぐん

1件 の用語解説(直腸粘膜脱症候群の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ちょくちょうねんまくだつしょうこうぐん【直腸粘膜脱症候群】

 直腸粘膜脱症候群は孤立性潰瘍症候群(こりつせいかいようしょうこうぐん)、深在嚢胞性大腸炎(しんざいのうほうせいだいちょうえん)と同義語と考えられます。
 症状は、粘血(ねんけつ)が出たり、直腸の表面をおおっている粘膜が脱出したり、直腸肛門部(こうもんぶ)に痛みがあったりします。また、便秘(べんぴ)、下痢(げり)、排便回数の増加などもみられます。
 なかでも特徴的なのは、排便時に便がすっきり出きらない感じがあることで、そのため、患者さんは長く、しかも強くいきんだり、指を肛門(こうもん)内に入れて便を出したりします。
 直腸粘膜脱症候群の病状はたいへん多彩で、1つあるいは多くの潰瘍(かいよう)ができたり、潰瘍はないものの、ぶつぶつした粘膜になってわずかに盛り上がったりポリープ状に隆起(りゅうき)したものができたりします。
 とくにポリープ状の隆起は、肉眼では直腸の腺腫(せんしゅ)やがんとの区別が難しいことがあります。このような場合は、症状の観察とともに、病変部の一部をとって顕微鏡で調べる組織検査を行なって診断します。
 この病気の原因は、先天的形態異常説、炎症性腸疾患説、虚血性(きょけつせい)腸疾患説、機械的刺激説などさまざまの説があります。しかし、直腸粘膜脱(ちょくちょうねんまくだつ)がかなり多くみられること、長時間トイレでいきむ習慣がある人に多いことから、直腸粘膜が排便時のいきみによって脱出をくり返していると、その機械的刺激が原因となって潰瘍、ただれ、ポリープ状の隆起をおこすのではないかという説が有力になっています。
 治療のポイントは排便の習慣を変えることです。
 大きなポリープ状の隆起ができた場合は切除して症状を改善します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

直腸粘膜脱症候群の関連キーワード症候群風邪症候群健忘症候群鉄欠乏症候群パターソン-ケリー症候群バッド-キアリ症候群ファンコーニ症候群副腎生殖器症候群プラダー-ビリ症候群ミルク-アルカリ症候群

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone