コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直角石 チョッカクセキ

3件 の用語解説(直角石の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょっかく‐せき〔チヨクカク‐〕【直角石】

古生代オルドビス紀シルル紀に栄え、中生代三畳紀に絶滅した軟体動物オウムガイ類に属する化石。殻はまっすぐか、わずかに曲がった長円錐形で、その中央に体管が通り、隔壁が多い。直角貝。オルトケラス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょっかくせき【直角石】

軟体動物頭足類のオウムガイに似た生物の殻の化石。普通、まっすぐに伸びた円錐状。古生代のオルドビス紀とシルル紀に栄え、中生代の三畳紀に絶滅した。オルトケラス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直角石
ちょっかくせき
[学]Orthoceras

軟体動物門頭足類のオウムガイ亜綱の直角石目の代表属。この目のうち、直線上に延びた殻をもった類の化石をいう場合もある。直角石目は古生代オルドビス紀から中生代三畳紀にかけて栄えたが、狭義の直角石属はオルドビス紀に限られる。大きいものは殻の長さ5メートルに達した。直角石類は、ほかのオウムガイ類やアンモノイド(アンモナイト)類と同様に、多数の隔壁に仕切られた多室性の殻をもち、隔壁中央を貫いて連室細管が軟部の入った最後の部屋(住房)まで延びる。現生種との比較から、中空の部屋の中のガスにより浮力を得て遊泳生活をしていたと考えられる。古生代前半の重要な標準化石の一つである。[棚部一成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の直角石の言及

【オルトケラス】より

…軟体動物,頭足類のオルトケラス目を代表する属だが,一般にはオルトケラス目Orthoceratida全般をさす。直角石類ともいう。オルドビス紀に全盛をきわめ,以後三畳紀まで生存した。…

※「直角石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

直角石の関連キーワードオルドビス紀シルル紀海蕾海林檎オルドビス系旧古生代シルル系新古生代鎖珊瑚朝鮮系

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone