コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相楽等躬 さがら とうきゅう

1件 の用語解説(相楽等躬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相楽等躬 さがら-とうきゅう

1638-1715 江戸時代前期-中期の俳人。
寛永15年生まれ。陸奥(むつ)須賀川(福島県)の人。江戸の石田未得,岸本調和にまなぶ。元禄(げんろく)2年「おくのほそ道」の旅の途中の松尾芭蕉(ばしょう)を数日泊めてもてなした。晩年は内藤露沾(ろせん)と親交があった。正徳(しょうとく)5年11月19日死去。78歳。通称は伊左衛門。別号に乍憚,乍単斎,藤躬。編著に「伊達衣」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の相楽等躬の言及

【等躬】より

…江戸前期の俳人。姓は相楽(さがら)。通称は伊左衛門。初号は乍憚(さたん)。晩年藤躬と書いた。奥州須賀川の人。宿駅の長であったという。江戸の未得(みとく)に俳諧を学び,のち調和(ちようわ)につく。延宝年間(1673‐81)に江戸で芭蕉を知り,1689年(元禄2)〈おくのほそ道〉行脚の芭蕉を自宅に数日逗留させている。編著に《摺(しのぶずり)》《伊達衣(だてごろも)》《一の木戸》《蝦夷(えぞ)文段抄》がある。…

※「相楽等躬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

相楽等躬の関連キーワード常行大橋宗伝狩野梅雲左近伊兵衛太兵衛蝶左坊服部常春林広為深尾訒亭細川利昌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone