コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相殿 アイドノ

デジタル大辞泉の解説

あい‐どの〔あひ‐〕【相殿】

同じ社殿に2柱以上の神を合わせて祭ること。また、その社殿。あいでん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

相殿【あいどの】

合殿とも記す。神社の主祭神に対して,1柱またはそれ以上の神を合祀(ごうし)すること,またその社殿。その神(正しくは相殿神)をもいう。
→関連項目客神

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

あいどの【相殿】

同じ社殿に、二柱以上の神を合祀ごうしすること。また、その社殿。あいでん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相殿
あいどの

複数の神が相並び坐(ま)す殿の意で、その祭神もしくは御殿(ごてん)をいう。合殿、会殿とも記す。谷川士清(たにかわことすが)の『倭訓栞(わくんのしおり)』には、「凡(およ)そ神社には皆相殿あり、儀式帳に同殿神称相殿と見ゆ」とある。同じ殿内に2神以上の神が祀(まつ)られた場合の称であるが、一般に神社の祭神は、主祭神と配祀(はいし)神または従祀神とに分けられ、配祀神または従祀神を相殿神という。『延喜式(えんぎしき)』神名帳に「前」とあるのは、相殿神をさしたものとみてよい。相殿神に対する礼遇は主祭神よりも下る場合が多い。また、扉は二つあるが、2間を一つにあわせてつくった社殿を、相殿造または二間社(にけんしゃ)という。[沼部春友]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

相殿の関連キーワード都々古別神社(馬場明神)長野県下伊那郡下條村陽皐客神(まろうどがみ)日枝神社(富山市)ソンニ(俗離)山伊古奈比咩命神社久能山東照宮日前国懸神宮武蔵御嶽神社法住寺捌相殿伏見稲荷大社大神山神社北野天満宮沼名前神社大野湊神社八重垣神社伊奈波神社下條(村)英彦山神宮鹿児島神宮

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android