相馬忠胤(読み)そうま ただたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相馬忠胤 そうま-ただたね

1637-1673 江戸時代前期の大名。
寛永14年生まれ。上総(かずさ)(千葉県)久留里(くるり)藩主土屋利直の次男。相馬義胤の養子となり,慶安5年陸奥(むつ)中村藩(福島県)藩主相馬家3代。新田開発を奨励し,田制・禄制の改革,藩士の教育にとりくんだ。延宝元年10月2日死去。37歳。初名は勝胤。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android