コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県治朗 あがた じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

県治朗 あがた-じろう

1897-1982 昭和時代の美術家。
明治30年2月3日生まれ。田中有美(ゆうび)・親美(しんび)父子古筆,古画をまなぶ。「源氏物語絵巻」などにもちいられている料紙とその意匠・手法を研究し,同絵巻の完全な副本を制作。またホテルオークラの壁面画,成田山新勝寺の襖(ふすま)絵なども制作した。昭和47年吉川英治文化賞。昭和57年12月25日死去。85歳。長野県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

県治朗の関連キーワード昭和時代美術家

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android