コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中有美 たなか ゆうび

美術人名辞典の解説

田中有美

幕末・明治の画家。天保11年(1840)山城国生。通称は茂一。冷泉為恭に画を学ぶ。東京住。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中有美 たなか-ゆうび

1840*-1933 明治-昭和時代前期の日本画家。
天保(てんぽう)10年11月30日生まれ。田中親美の父。従兄(いとこ)の岡田為恭(ためちか)の内弟子として宮中の絵仕事にしたがい,幼少の明治天皇の遊び相手をつとめる。明治17年宮廷画家となった。昭和8年2月20日死去。95歳。山城(京都府)出身。本名は茂一。作品に「七卿落之図」「御大葬之図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

田中有美の関連キーワード田中 親美県 治朗県治朗

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android