コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真・善・美について しん・ぜん・びについて Cours de philosophie sur le fondement des idées absolues du vrai, du beau et du bien

1件 の用語解説(真・善・美についての意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真・善・美について
しん・ぜん・びについて
Cours de philosophie sur le fondement des idées absolues du vrai, du beau et du bien

フランスの哲学者ビクトル・クーザンの主著。彼の唯一の体系書で,その折衷主義の理念を端的に示す。 1853年刊。 18世紀の哲学には感覚 (J.ロック) ,感情 (常識哲学) ,理性 (カント) を重視するさまざまな立場があり,その結果陥った懐疑論を克服することが 19世紀哲学の課題であるとして,全実在を包括する折衷主義を考えた著者は,感覚,感情,理性の3段階を通して美的,道徳的,形而上学的真理をとらえようとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真・善・美についての関連キーワードアムランルヌービエベルクソンサントビクトワール山バントゥー山クープランの墓ターザンの帰還特捜斑ビクトール淡野安太郎ブランシュビク

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone