真実の口(読み)シンジツノクチ

デジタル大辞泉の解説

しんじつ‐の‐くち【真実の口】

Bocca della Verità》イタリアの首都ローマのサンタマリアインコスメディン教会の外壁にある石造の円盤。海神トリトーネの浮き彫りが施されている。もとは古代ローマ時代の下水溝の蓋であると考えられている。偽りの心をもつ人が海神の口に手を入れると抜けなくなる、または切り落とされるという伝説がある。映画「ローマの休日」に登場し、観光名所になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

真実の口【しんじつのくち】

イタリア,ローマのサンタ・マリア・イン・コスメディン教会壁面にある彫刻。教会はテベレ川のほとり,パラティーノ橋近くにあり,大理石に彫られているトリトンの顔は古代のマンホールだったともいわれ,〈嘘つきが開いた口に手を入れると食べられて抜けなくなる〉という言い伝えで知られる。W.ワイラー監督の映画《ローマの休日》(1953年)でヘプバーンの演じるワンシーンはあまりにも有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真実の口の関連情報