真実の口(読み)シンジツノクチ

デジタル大辞泉の解説

しんじつ‐の‐くち【真実の口】

Bocca della Verità》イタリアの首都ローマのサンタマリアインコスメディン教会外壁にある石造円盤海神トリトーネの浮き彫りが施されている。もと古代ローマ時代の下水溝のであると考えられている。偽りの心をもつ人が海神の口に手を入れると抜けなくなる、または切り落とされるという伝説がある。映画「ローマの休日」に登場し、観光名所になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

真実の口【しんじつのくち】

イタリア,ローマサンタマリア・イン・コスメディン教会壁面にある彫刻。教会はテベレ川のほとり,パラティーノ橋近くにあり,大理石に彫られているトリトンの顔は古代のマンホールだったともいわれ,〈嘘つきが開いた口に手を入れると食べられて抜けなくなる〉という言い伝えで知られる。W.ワイラー監督の映画《ローマの休日》(1953年)でヘプバーンの演じるワンシーンはあまりにも有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android