コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真昆布 マコンブ

デジタル大辞泉の解説

ま‐こんぶ【真昆布】

コンブ科の褐藻。北海道南部から三陸地方にかけての沿岸に分布し、長さ2~4メートル。葉は肉厚で、食用コンブ中最も上質とされ、だし取りや佃煮とろろ昆布などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まこんぶ【真昆布】

褐藻類コンブ目コンブ属の海藻。北海道から宮城県にかけての漸深帯に生育。長さ2~6メートル、幅約30センチメートルで、質は厚く、両縁は波状。食用・調味料などとする。コンブ。エビスメ。ヒロメ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

真昆布 (マコンブ)

学名:Laminaria japonica
植物。コンブ科の褐藻

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

真昆布の関連キーワード富山名産 昆布巻かまぼこバイオマスエビスメヒロメ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android