コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真昶 しんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真昶 しんちょう

807-880 平安時代前期の僧。
大同(だいどう)2年生まれ。20歳で東大寺にはいる。嘉祥(かしょう)2年の文書に別当として署名。貞観(じょうがん)3年大仏頭部の修理完成の供養会をおこなう。13年別当をしりぞいたが元慶(がんぎょう)3年再任され,4年辞任後に死去。74歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

真昶の関連キーワードルイ3世アルヌルフ[ケルンテンの]リブモン条約外車船ジョン コンラッズ伊予親王藤原吉子伊予親王禅宗金本知憲

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android