コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真木康年 まき こうねん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真木康年 まき-こうねん

1913-1949 昭和時代の右翼運動家。
大正2年生まれ。もと東京浅草のヤクザ。昭和21年新鋭大衆党をつくり党首となる。22年同党の青年部員が産別会議議長の聴濤克巳(きくなみ-かつみ)を刺傷するなどの右翼暴力事件をおこし,党は解散を命じられた。23年銃砲所持で実刑判決をうけ,服役中の24年死去。37歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

真木康年の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android