コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真狩[村] まっかり

1件 の用語解説(真狩[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

まっかり【真狩[村]】

北海道南西部,後志(しりべし)支庁虻田郡の村。人口2649(1995)。村域は羊蹄山南麓を占め,東端の尻別岳などにはばまれた台地上に広がり,火山灰地が多い。中心集落は中央を西流する真狩川と支流南別川の合流点付近にあり,JR俱知安(くつちやん)駅などからバスが通じる。1895年香川・宮城両県から入植者があり,以後急速に開拓が進んだ。第1次大戦前からデンプンの需要が高まり,ジャガイモ生産が盛んに行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone