コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真狩村 まっかり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真狩〔村〕
まっかり

北海道西部にある村。洞爺湖の北方に位置し,羊蹄山の南麓を占める。 1941年真狩別村から現村名に改称。地名はアイヌ語のマツカリプト (三角州の意) に由来。火山灰質土壌で覆われた標高 200~400mの台地で,ジャガイモ,ダイコン,アズキ,テンサイ,ユリ (食用,花卉用) の栽培,酪農が行なわれる。支笏洞爺国立公園に属し,羊蹄山麓の高山植物群落は天然記念物。面積 114.25km2。人口 2103(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

真狩村の関連キーワード北海道虻田郡真狩村神里北海道虻田郡真狩村加野北海道虻田郡真狩村共明北海道虻田郡真狩村豊川北海道虻田郡真狩村川崎北海道虻田郡真狩村真狩まっかりユースホステル北海道虻田郡真狩村富里北海道虻田郡真狩村南部北海道虻田郡真狩村桜川北海道虻田郡真狩村新陽北海道虻田郡真狩村美原北海道虻田郡真狩村見晴北海道虻田郡真狩村緑岡真狩フラワーセンター北海道虻田郡真狩村泉北海道虻田郡真狩村社北海道虻田郡真狩村光後志総合振興局真狩村の要覧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真狩村の関連情報