コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真田増丸 さなだ ますまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真田増丸 さなだ-ますまる

1877-1926 明治-大正時代の僧,社会運動家。
明治10年7月25日生まれ。浄土真宗本願寺派東陽円月の子,東陽円成(えんじょう)に師事。大正4年大日本仏教済世軍を結成し,北九州の八幡を中心に労働者層への布教活動をおこなった。大正15年2月17日死去。50歳。福岡県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

真田増丸

没年:大正15.2.17(1926)
生年:明治10.7.25(1877)
明治大正時代の宗教活動家,浄土真宗本願寺派の僧。福岡県築上郡角田村生まれ。明治42(1909)年,東京帝国大学宗教科を卒業。大学在学中に徴兵検査を受け大村連隊に入隊。母の勧めで大分県宇佐郡封戸村の東陽円成 に入門。信仰問題に取り組み,九州,四国地方を伝道する。大正3(1914)年,八幡の工業地帯を中心に熱烈な伝道活動を始める。翌年,宗教活動の拠点を八幡市(北九州市)に定め,大日本仏教済世軍を組織。生涯を通じて仏教徒の立場で伝道に傾倒した。没後「済世院」の院号を贈られる。<参考文献>常光浩然『明治の仏教者』

(岡村喜史)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

真田増丸の関連キーワード常光浩然

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android