真田幸道(読み)さなだ ゆきみち

  • 真田幸道 さなだ-ゆきみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1657-1727 江戸時代前期-中期の大名。
明暦3年2月22日生まれ。真田信政の子。明暦4年2歳で信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩主真田家3代となり,約70年間つとめる。万治(まんじ)2年の江戸城普請(ふしん)などの課役や,享保(きょうほう)2年の松代大火の復興などで藩財政は悪化した。享保12年5月27日死去。71歳。初名は信房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android