コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真空妙応 しんくう みょうおう

1件 の用語解説(真空妙応の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真空妙応 しんくう-みょうおう

?-1351 鎌倉-南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。下野(しもつけ)(栃木県)雲巌寺の高峰顕日(こうほう-けんにち)の法をつぐ。正和(しょうわ)3年(1314)宇都宮貞綱にまねかれ,下野宇都宮の興禅寺の開山(かいさん)となった。観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年10月25日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の真空妙応の言及

【慈善事業】より

… なお,南北朝~室町期には律宗の衰退にともない,このような仏教者による慈善事業はおもに禅僧と時衆によって担われるようになった。乞者に食を給した下野興禅寺の真空妙応(?‐1351),1363年(正平18∥貞治2)の阿波国の飢饉に際して貧人乞者に粥を施した春屋妙葩(しゆんおくみようは),財を捨てて癩者を沐浴させた遠江方広寺の無文元選(1323‐90),1461年(寛正2)の飢饉・疫病に際して,六角堂の前に大釜を置いて粥を炊き,飢者に施行した勧進聖願阿弥(生没年未詳)などがその例である。とくに寛正の飢饉に際しての時衆の願阿弥の活動には注目すべきものがあるが,総じて,中世における慈善事業の系統的な遂行者としては,鎌倉後期の律僧の非人救済運動をもって一つの画期とするべきである。…

※「真空妙応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

真空妙応の関連キーワード世尊寺伊俊向阿月庵紹清周豪道玄(2)禰寝清種平山善均祐乗坊義存良暁(2)霊江周徹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone