コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼瑜 らいゆ

6件 の用語解説(頼瑜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頼瑜
らいゆ

[生]嘉録2(1226)
[没]嘉元2(1304)
鎌倉時代真言宗の僧。紀伊の人。出家後高野山に登って大伝法院の道悟に従う。東大寺興福寺に遊学して,華厳,三論,瑜伽,唯識の諸学を修め,また仁和寺経瑜より広沢流を受ける。のちに高野山に帰って文永3 (1266) 年,大伝法院の学頭になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

らいゆ【頼瑜】

[1226~1304]鎌倉時代の真言宗の僧。紀伊の人。字(あざな)は俊音。中性院流の祖。大伝法院・密厳院を根来(ねごろ)に移し、新義真言宗の教義を確立。著「大疏愚草」など多数。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

頼瑜【らいゆ】

鎌倉末期の真言宗智山派の僧。紀伊の人。高野山で出家,奈良・京都の諸大寺で華厳(けごん)・法相(ほっそう)・東密を学び,大伝法院の学頭となる。中性(ちゅうしょう)院を開き,講説著述に努めたが,衆徒の乱のため大伝法院・密厳院を根来(ねごろ)に移し,教学の大成に尽くした。
→関連項目根来寺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼瑜 らいゆ

1226-1304 鎌倉時代の僧。
嘉禄(かろく)2年生まれ。高野山大伝法院,醍醐(だいご)寺でまなび,のち大伝法院学頭。実勝から灌頂(かんじょう)をうけ,中性院(ちゅうしょういん)流をひらく。正応(しょうおう)元年(1288)大伝法院と密厳院を紀伊(きい)根来(ねごろ)寺(和歌山県)にうつし,新義真言宗の基礎をつくった。嘉元(かげん)2年1月1日死去。79歳。紀伊那賀郡(和歌山県)出身。俗名は土生川。字(あざな)は俊音。著作に「大日経疏愚草(だいにちきょうしょぐそう)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

らいゆ【頼瑜】

1226~1304) 鎌倉時代の新義真言宗の僧。中性院流の祖。紀伊の人。加持身説法の説を立てて、新義派の教学を大成した。大伝法院学頭となり、大伝法院と密厳院を根来ねごろ山に移す。「大疏愚草」など著書多数。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

頼瑜
らいゆ
(1226―1304)

鎌倉時代の真言(しんごん)宗の僧。字(あざな)は俊音(しゅんおん)。通称は中性院法印(ちゅうしょういんほういん)、甲斐阿闍梨(かいあじゃり)。俗名は土生川豪信(はぶかわたけのぶ)。紀州(和歌山県)の人。幼少より聡明(そうめい)博識で知られ、高野山(こうやさん)に登って大伝法院の道悟に師事した。東大寺で三論(さんろん)、華厳(けごん)を、興福寺で瑜伽唯識(ゆがゆいしき)を学び、仁和寺(にんなじ)、醍醐寺(だいごじ)などで広沢(ひろさわ)流を学んだ。41歳で高野山の大伝法院学頭職となり、秋覚洞院実勝(しゅうがくとういんじっしょう)より印可を受けて中性院流を創始した。この間『阿字秘釈(あじひしゃく)』を撰(せん)して文殊菩薩(もんじゅぼさつ)の霊感を被り、また『大日経疏(だいにちきょうしょ)』『釈摩訶衍論(しゃくまかえんろん)』などの註疏(ちゅうしょ)をつくる。これによって頼瑜の学徳は一山を圧したが、高野の衆徒が乱を起こしたため、大伝法院、密厳院(みつごんいん)を紀州根来(ねごろ)に移し、この地で新義真言教学を大成した。嘉元(かげん)2年1月1日没。著書は多い。[吉田宏晢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の頼瑜の言及

【新義真言宗】より

…しかしその改革があまりにも急激であったため,東寺長者や金剛峯寺方の僧侶たちの反感を買い,1140年(保延6)ついに本末合戦に敗れて大伝法院方の僧侶たちとともに根来(現,和歌山県那賀郡岩出町)の地に移った。覚鑁の没後,大伝法院方の僧侶たちは院宣によって帰山したものの,その後も本末の争いは絶えることなく,1288年(正応1)大伝法院学頭頼瑜(らいゆ)(1226‐1304)は,大伝法院方の僧侶たちとともに高野山を最終的に退去し,付属の建物を根来の地に移して,根来寺として新たな出発をはかった。頼瑜は加持身教主説を提唱して教学上の新風をうちたて,新義真言宗興隆の基礎を築いた。…

【真言宗】より

…しかし覚鑁のあまりにも急激な改革は,東寺や金剛峯寺側の鋭い反発をよび,覚鑁はついに紀伊国那賀郡の根来(ねごろ)の地に退隠した。さらに1288年(正応1),大伝法院方の頼瑜は高野山金剛峯寺と袂別(べいべつ)し,大伝法院などを根来の地に移し,根来寺として新たな出発を行った。これがのちの〈新義真言宗〉の成立であり,これに対して従来の系統をのちに〈古義真言宗〉と呼ぶようになる。…

【根来寺】より

…34年院宣により覚鑁が大伝法院と金剛峯寺の座主(ざす)を兼務したことで,金剛峯寺の衆徒と争いを生じ,覚鑁は40年(保延6)高野山からこの地に退き,新たに一乗山円明寺を興した。覚鑁の死後も金剛峯寺との対立は続き,ついに1288年(正応1)頼瑜(らいゆ)が高野山より大伝法院と密厳院などをここに移した。これが新義真言宗の別立である。…

※「頼瑜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

頼瑜の関連キーワード尊信嘉禄僻案抄行慈行蓮持明院家行平兼親藤原成子(2)藤原信定隆円(2)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone