コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真鍋博 マナベヒロシ

デジタル大辞泉の解説

まなべ‐ひろし【真鍋博】

[1932~2000]イラストレーター愛媛の生まれ。未来社会の風景を微細かつ幾何学的なタッチで描き、SF小説の挿絵などで広く親しまれた。また、さまざまな博覧会美術を担当するなど、幅広い活躍をみせた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真鍋博 まなべ-ひろし

1932-2000 昭和後期-平成時代のイラストレーター。
昭和7年7月3日生まれ。昭和30年靉嘔(あいおう)らと「実在者」を,35年久里洋二,柳原良平と「アニメーション3人の会」を結成。同年「朝日ジャーナル」連載「第七地下壕」のイラストで第1回講談社さしえ賞。大阪万博や沖縄海洋博にも参加するなど,多方面で活動する。平成12年10月31日死去。68歳。愛媛県出身。多摩美大卒。作品集に「真鍋博Original 1975」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の真鍋博の言及

【アニメーション映画】より

…(1)藪下泰司の《白蛇伝》(1958)を最初とする〈東映動画〉による長編漫画がコンスタントに(年1回,夏休み用に)製作され,上映され始めたこと。(2)60年,久里洋二,柳原良平,真鍋博が〈三人のアニメーションの会〉を設立して,積極的な実験アニメの製作に乗り出したこと。(3)63年,漫画家の手塚治虫の虫プロが,毎週,国産テレビアニメの30分番組(《鉄腕アトム》)をスタートさせたこと。…

※「真鍋博」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

真鍋博の関連キーワード愛媛県美術館真鍋 博林明子

真鍋博の関連情報