コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真鍋呉夫 まなべ くれお

1件 の用語解説(真鍋呉夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真鍋呉夫 まなべ-くれお

1920-2012 昭和-平成時代の小説家,俳人。
大正9年1月25日生まれ。昭和14年島尾敏雄らと「こをろ」を創刊。戦後は雑誌「午前」を創刊し,安部公房らと現在の会を結成。句集「雪女」で平成4年藤村記念歴程賞,5年読売文学賞。22年「月魄(つきしろ)」で蛇笏(だこつ)賞を受賞。平成24年6月5日死去。92歳。福岡県出身。文化学院中退。著作に「黄金伝説」「評伝 檀一雄」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

真鍋呉夫の関連キーワードフルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽美咲松竹(株)変成相映画理論小作争議小協商

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真鍋呉夫の関連情報