コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真鍋呉夫 まなべ くれお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真鍋呉夫 まなべ-くれお

1920-2012 昭和-平成時代の小説家,俳人。
大正9年1月25日生まれ。昭和14年島尾敏雄らと「こをろ」を創刊。戦後は雑誌「午前」を創刊し,安部公房らと現在の会を結成。句集雪女」で平成4年藤村記念歴程賞,5年読売文学賞。22年「月魄(つきしろ)」で蛇笏(だこつ)賞を受賞。平成24年6月5日死去。92歳。福岡県出身。文化学院中退。著作に「黄金伝説」「評伝 檀一雄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

真鍋呉夫の関連キーワード安西均小説家俳人

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android