コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真間手児奈 ママノテコナ

5件 の用語解説(真間手児奈の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まま‐の‐てこな【真間手児奈】

《「ままのてごな」とも》下総(しもうさ)国葛飾(かつしか)(千葉県市川市真間)に住んでいたという伝説上の女性。万葉集山部赤人高橋虫麻呂の歌によると、多くの男性の求婚にたえられず、真間の海に入水自殺したという。→手児奈

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

真間手児奈【ままのてこな】

下総(しもうさ)国葛飾の真間(千葉県市川市)にいたという古代伝説中の美少女。多数の男に求婚されて思い悩み,入江に投身して処女のまま命を絶ったという。《万葉集》に山部赤人高橋虫麻呂の歌がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真間手児奈 ままの-てこな

「万葉集」のなかでうたわれた伝説上の美少女。
下総(しもうさ)葛飾郡真間(千葉県)にすむまずしい少女で,求婚者のおおいのになやみ,海に身をなげて自殺した。山部(やまべの)赤人,高橋虫麻呂(むしまろ)らによまれた。市川市の手児奈堂にまつられている。勝鹿(かつしかの)真間娘子(おとめ)ともいう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

真間手児奈

『万葉集』のなかで,山部赤人や高橋虫麻呂によって詠まれた伝説中の少女。真間は現在の千葉県市川市真間町に比定され,テコは娘子の方言,ナは愛称の接尾辞である。虫麻呂の伝説歌に依ると,粗末な身なりはしているが,箱入り娘もとてもおよばないほどの美人であった手児名は,多くの男に求婚されたが,わが身を思い知って入水してしまったという。そこには,人間の男に嫁ぐことのできない巫女のイメージが暗示されている。市川市には,手児奈が水をくんだという真間の井,つぎ橋などの伝承地が残されている。<参考文献>折口信夫「真間・蘆屋の昔がたり」(『折口信夫全集』29巻),桜井満『万葉の歌・人と風土13巻・関東南部』

(小松和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ままのてごな【真間手児奈】

〔「ままのてこな」とも〕 万葉集にうたわれた伝説上の女性。千葉県市川市真間の辺りに住み、多くの男性に求愛されたことを悩んで入水自殺したと伝えられる。真間娘子ままのおとめ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真間手児奈の関連キーワード片男波高橋虫麻呂歌聖二聖占部虫麻呂刑部虫麻呂川原虫麻呂伝説歌真間手児名《高橋虫麻呂歌集》

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone