コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真間手児奈 ママノテコナ

5件 の用語解説(真間手児奈の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まま‐の‐てこな【真間手児奈】

《「ままのてごな」とも》下総(しもうさ)国葛飾(かつしか)(千葉県市川市真間)に住んでいたという伝説上の女性。万葉集山部赤人高橋虫麻呂の歌によると、多くの男性の求婚にたえられず、真間の海に入水自殺したという。→手児奈

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

真間手児奈【ままのてこな】

下総(しもうさ)国葛飾の真間(千葉県市川市)にいたという古代伝説中の美少女。多数の男に求婚されて思い悩み,入江に投身して処女のまま命を絶ったという。《万葉集》に山部赤人高橋虫麻呂の歌がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真間手児奈 ままの-てこな

「万葉集」のなかでうたわれた伝説上の美少女。
下総(しもうさ)葛飾郡真間(千葉県)にすむまずしい少女で,求婚者のおおいのになやみ,海に身をなげて自殺した。山部(やまべの)赤人,高橋虫麻呂(むしまろ)らによまれた。市川市の手児奈堂にまつられている。勝鹿(かつしかの)真間娘子(おとめ)ともいう。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

真間手児奈

『万葉集』のなかで,山部赤人や高橋虫麻呂によって詠まれた伝説中の少女。真間は現在の千葉県市川市真間町に比定され,テコは娘子の方言,ナは愛称の接尾辞である。虫麻呂の伝説歌に依ると,粗末な身なりはしているが,箱入り娘もとてもおよばないほどの美人であった手児名は,多くの男に求婚されたが,わが身を思い知って入水してしまったという。そこには,人間の男に嫁ぐことのできない巫女のイメージが暗示されている。市川市には,手児奈が水をくんだという真間の井,つぎ橋などの伝承地が残されている。<参考文献>折口信夫「真間・蘆屋の昔がたり」(『折口信夫全集』29巻),桜井満『万葉の歌・人と風土13巻・関東南部』

(小松和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ままのてごな【真間手児奈】

〔「ままのてこな」とも〕 万葉集にうたわれた伝説上の女性。千葉県市川市真間の辺りに住み、多くの男性に求愛されたことを悩んで入水自殺したと伝えられる。真間娘子ままのおとめ

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone