コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真鱈 マダラ

デジタル大辞泉の解説

ま‐だら【真×鱈】

タラ科の海水魚全長約80センチ。体は紡錘形で前半部が太く、全体にやや側扁する。背びれ3基、しりびれ2基をもち、背側は不定形の褐色斑があり、腹側は白い。北太平洋から日本海にかけて産し、冬が旬。ほんだら。たら。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まだら【真鱈】

タラ目の海魚。全長約1メートル。体形は腹部が肥大して前半部が太く、後方に向かって細くなる。口が大きく、下顎したあごに一本のひげがある。全体が淡灰褐色で、腹方は淡く、背部と体側部に雲状褐色斑紋がある。食用。太平洋・大西洋の北部に分布。ホンダラ。ヒゲダラ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

真鱈 (マダラ)

学名:Gadus macrocephalus
動物。タラ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

真鱈の関連キーワードヒゲダラ青森県大西洋棒鱈下顎背部体形海魚

真鱈の関連情報