真鱈(読み)マダラ

  • 真×鱈
  • 真鱈 (マダラ)

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Gadus macrocephalus
動物。タラ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 タラ目タラ科の海産魚。全長一メートルぐらいになる。体形は腹部がふくれ、尾部に向かって細くなる。背面は淡灰褐色で腹面は白く、体側に多くの不定形の斑紋(はんもん)がある。口は大きく、下あごに一本の太いあごひげをもつ。背びれは三基で、しりびれは二基。日本海および北日本太平洋岸以北のやや深海に分布。外海を回游する沖鱈と、回游しない根鱈(または磯鱈)とがある。近似種が北大西洋に分布して、北欧などの重要な魚類の一つとなっている。肉は加工品にもされ、肝臓からは肝油がとれる。一般に「たらこ」と呼ばれているのは別属別種のスケトウダラの卵巣を塩蔵したもの。広義にはスケトウダラを含めていうこともある。たら。《季・冬》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真鱈の関連情報