着圧ウエア(読み)ちゃくあつうえあ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

着圧ウエア
ちゃくあつうえあ

機能性衣料の一種。締め付ける圧力を足首、ふくらはぎ、膝(ひざ)、腹部、胸部など身体の部位ごとに調整して段階的に変えることで、身につけると疲労軽減や運動能力向上などの効果が期待できるとする衣類で、コンプレッションウエアcompression wear、加圧ウエアともよばれる。着圧とは、衣服圧ともいい、衣服を着用したときに身体に加わる圧力のことをいう。着圧ウエアには、ストッキング、タイツ、スパッツ、ソックス、シャツ、ボディースーツ、下着などさまざまな種類があり、身体にぴったりと張り付く特性をもつ。身体の末端部分の圧力を高くし、心臓のある中心部に近くなるほど圧力を緩める構造とすることで、静脈の血液やリンパの流れを促し、疲労原因となる乳酸の滞留を抑制して疲れにくくすると説明されている。また身体に密着することで、むだな筋肉の揺れを抑え、運動に最適な姿勢に矯正することができ、同じトレーニングをしても、より高い効果を期待できるとしている。関節部分周辺などを補強して、けがを予防する商品や、姿勢補正などの機能をうたった商品もある。素材は伸縮性に富んだポリウレタンやポリエステルなどの弾性繊維を主に使い、速乾性のある綿やシルクなどを混ぜる手法がとられている。
 2000年(平成12)ころからプロスポーツ選手が着用する姿がマスコミで報じられて普及した。スポーツウエア市場が伸び悩むなか、着圧ウエア市場は消費者の健康・美容志向にのって毎年、着実に伸びているとされている。ただし2008年以降、国民生活センターに着圧ウエアを利用した消費者から「腫(は)れや痛みが出た」「神経麻痺(まひ)になった」といった相談が寄せられるようになった。このため同センターは2011年4月、着圧ストッキングを着けたまま、長時間座り続けたり、しゃがみ続けたりすると、血行障害や神経障害がおきる恐れがあると注意喚起した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android