コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾性繊維 だんせいせんい

2件 の用語解説(弾性繊維の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

だんせいせんい【弾性繊維】

動物の結合組織の基質に含まれるタンパク質性繊維の一。弾力に富み、酸・アルカリに抵抗が強い。肺に多くあってその伸縮に関与し、また動脈の血管壁や軟骨に多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だんせいせんい【弾性繊維 elastic fiber】

弾力繊維ともいう。結合組織を構成する大切な繊維成分の一つで,名のとおり弾力性に富む。弾性繊維は,おもにエラスチンelastinとよばれるタンパク質からなり,引っ張ると2~2.5倍くらいに伸び,力をとり去ると元に戻る。疎性結合組織の中では径0.2~1.0μmを示すが,弾性組織elastic tissueでは,もっと太く,かつ枝分れが多く,吻合(ふんごう)しあい,全体として網状にひろがったり膜状を呈したりしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

弾性繊維の関連キーワード結合組織繊維組織軟骨間質骨組織繊維細胞膜骨膠原線維弾性線維線維性結合組織

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弾性繊維の関連情報