コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾性繊維(読み)だんせいせんい

大辞林 第三版の解説

だんせいせんい【弾性繊維】

動物の結合組織の基質に含まれるタンパク質性繊維の一。弾力に富み、酸・アルカリに抵抗が強い。肺に多くあってその伸縮に関与し、また動脈の血管壁や軟骨に多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だんせいせんい【弾性繊維 elastic fiber】

弾力繊維ともいう。結合組織を構成する大切な繊維成分の一つで,名のとおり弾力性に富む。弾性繊維は,おもにエラスチンelastinとよばれるタンパク質からなり,引っ張ると2~2.5倍くらいに伸び,力をとり去ると元に戻る。疎性結合組織の中では径0.2~1.0μmを示すが,弾性組織elastic tissueでは,もっと太く,かつ枝分れが多く,吻合(ふんごう)しあい,全体として網状にひろがったり膜状を呈したりしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弾性繊維の関連情報