コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

睨める ニラメル

デジタル大辞泉の解説

にら・める【×睨める】

[動マ下一]睨む」に同じ。
「横眼で津田の顔を―・めるように見ながら」〈漱石明暗

ね・める【×睨める】

[動マ下一][文]ね・む[マ下二]
にらむ。
「眼(まなこ)を剝(む)き出し、瞤(まじろ)ぎもせでぐいと―・めしが」〈露伴五重塔
警戒して目を付ける。また、憎しみでいきどおる。
「そんな了簡方だから課長さんにも―・められたんだ」〈二葉亭浮雲
「―・めつつ、見かへり見かへりにらみけり」〈著聞集・一六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にらめる【睨める】

( 動下一 )
にらむ 」に同じ。 「まだおれの顔を-・めて居る/坊っちゃん 漱石

ねめる【睨める】

( 動下一 ) [文] マ下二 ね・む
にらむ。 「はたと-・めて動かざる眼には/金色夜叉 紅葉
憎む。 「親のかたきと-・めんより/幸若・夜討曽我」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

睨めるの関連キーワード坊っちゃん夜討曽我金色夜叉

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android