コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

睨む ニラム

5件 の用語解説(睨むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にら・む【×睨む】

[動マ五(四)]
目をいからしてじっと見る。鋭い目つきで見る。「じろりと―・む」
精神を集中し、視線を動かさずに見つめる。事態を注意してよく見る。「局面を―・む」「情勢を―・む」
見当や目ぼしをつける。「あやしいと―・む」「共犯者がいると―・んだ」
(ふつう「にらまれる」の形で)注意を要する人物、好ましくない人物として、目をつける。「ボスに―・まれたらおしまいだ」
前もって考慮に入れる。計算に入れる。「彼の発言は明らかに総選挙を―・んだものだ」

ね・む【×睨む】

[動マ下二]ねめる」の文語形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にらむ【睨む】

( 動五[四] )
厳しい目つきでじっと見る。鋭く見つめる。 「鋭い目つきで-・む」 「悪しき眼に-・み/霊異記 中訓注
精神を集中して、じっと見つめる。 「盤面を-・んで長考する棋士」 「試験問題を-・んで考え込む」
見当をつける。 「警察では犯人は被害者の身内にいると-・んでいる」
(多く受け身の形で)注意すべき相手として目をつける。注意を要する人物として監視する。 「当局から-・まれている」 「あの人に-・まれたらおしまいだ」
(物事を)計算に入れる。 「総選挙を-・んだ発言」

ねむ【睨む】

( 動下二 )
ねめる

ねらむ【睨む】

( 動五[四] )
〔「にらむ」の転〕
こわい目で見る。 「私はちやんと、もう、-・んどるぞなもし/坊っちゃん 漱石

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

睨むの関連キーワード赤ばむ赤らむ汗ばむ躍り込む焦れ込む皺む誑し込む話し込む深む喜び勇む

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

睨むの関連情報