コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢嶋楫子 やじま・かじこ

1件 の用語解説(矢嶋楫子の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

矢嶋楫子

没年:大正14.6.16(1925)
生年:天保4.4.24(1833.6.11)
明治大正期の教育家,社会活動家。肥後(熊本県)の惣庄屋矢嶋忠左衛門と鶴子の6女として生まれ,勝と名付けられた。竹崎茶堂の妻順子,徳富蘇峰・蘆花兄弟の母久子,横井小楠の妻津世子は姉。25歳で林七郎の後妻となり,3子を育て1男2女を生んだが,夫の酒乱のため離婚。明治5(1872)年兄直方を頼り上京,決意して楫子と改名,教員養成所を経て小学校教員となった。この間兄の書生(既婚者)を恋し娘を生んだ。今後を悩むなかで新栄女学校校長マリア・トルーに会い,同校に転じ,12年受洗,桜井女学校の校長代理となる。新栄・桜井両校合併して女子学院が成立(1889)すると,院長に就任。大正3(1914)年までその教育に当たる。一方,万国キリスト教婦人矯風会からの働きかけを受け,明治19年,東京婦人矯風会(のちに全国組織)を結成,35年間会頭を務めた。そこでは一夫一婦制,廃娼,禁酒を掲げ,婦人救済館(慈愛館)の設立,婦人参政権要求などの運動を行った。晩年には国際平和を願って米国,英国での矯風会の国際会議にも出席した。<参考文献>久布白落実編『矢嶋楫子伝』,『日本キリスト教婦人矯風会百年史』,大濱徹也『女子学院の歴史』

(中嶌邦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢嶋楫子の関連キーワード新教育教育家社会復帰特別活動大野丈助小川実也為藤五郎中村ユス藤原喜代蔵湯浅初子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone