知念城跡(読み)ちねんじょうあと

国指定史跡ガイドの解説

ちねんじょうあと【知念城跡】


沖縄県南城市知念にあるグスク(城)跡。沖縄本島の南部東端、知念半島の太平洋を見下ろす標高約100mの海岸段丘上に所在する。城の創建については不明だが、知念按司(あじ)代々の居城と考えられ、1972年(昭和47)に国の史跡に指定。城は上方との下方2つの郭(くるわ)から構成され、上方の古城は野面(のづら)積みの石垣の内部は鬱蒼とした森で、約10m低い所にある切り石積みの城壁をめぐらした郭を新城と呼ぶ。新城は、第二尚氏3代目尚真王の異母兄弟にあたる内間大親(うちまうふや)が築いたといわれる。城は古城と新城が東西方向に連なる連郭式の構造をとり、新城は東に正門、北に裏門があり、ともにアーチ形、切り石による相方積みの城門となっており、城内には蔀(しとみ)の機能を有する石垣や石積み、あるいは沖縄の開闢(かいびゃく)伝説で名高い久高島(くだかじま)を拝するための遥拝所、火の神を祀る祭祀施設などがあり、内部施設の複雑さを物語る。城は尚王家の尊信をうけ、18世紀に尚敬王により大修理が行われているが、琉球人の祖先「アマミキョ」の伝説と尚真王の権威とが結びついた宗教的な城として、沖縄史上重要な意味をもっているといわれている。那覇空港から車で約45分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android