コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井垂穂 いしい たりほ

1件 の用語解説(石井垂穂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井垂穂 いしい-たりほ

1769-1840 江戸時代後期の武士。
明和6年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。文政13年書院番組頭,のち使番格となる。細井平洲(へいしゅう)に漢学をならい,江戸勤番20年の間に唐衣橘洲(からころも-きっしゅう)について狂歌をまなぶ。横井也有(やゆう)に私淑し,その「鶉衣(うずらごろも)」(続編・拾遺)を校訂した。天保(てんぽう)11年5月14日死去。72歳。本姓は庵原。名は孝政。別号に八束軒,同道堂。著作に「家訓」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石井垂穂の関連キーワード藤間流アヘン戦争永楽保全アヘン戦争雪華図説播隆渡辺政香西部開拓史有珠山安宅松

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone