コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石塔氏 いしどううじ

2件 の用語解説(石塔氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石塔氏
いしどううじ

清和源氏。足利氏の一族で,鎌倉時代中期,泰氏の子頼茂のとき石塔氏を称した。足利の有力一族である斯波氏渋川氏一色氏も頼茂の兄弟から始る。おもに南北朝期にその活躍が知られ,特に頼房 (頼茂の孫,義房の子) は,足利直義の信頼を得,引付頭人に任じ,一時伊勢守護となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いしどううじ【石塔氏】

石堂とも書く。南北朝~室町期の武家。清和源氏,足利支族。足利泰氏の子頼茂が石塔氏を称す。石塔氏は足利支族として足利尊氏の挙兵に応じ各地を転戦する。頼茂の子義房は奥州総大将に任ぜられ,軍事指揮官として活動するとともに,所領の安堵・充行(あておこない)や兵粮米徴収等の権限を行使して奥羽の武士層を組織化し,南朝方を圧倒した。奥羽における足利方の中心として活躍したが,1345年(興国6∥貞和1)に京都に召還され,奥州には畠山国氏吉良貞家奥州管領として派遣された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石塔氏の関連キーワード宅間憲俊池田氏家中京極氏国衆武家方村櫛荘鎮正安威氏進士氏

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone