コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石塔氏 いしどううじ

2件 の用語解説(石塔氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石塔氏
いしどううじ

清和源氏。足利氏の一族で,鎌倉時代中期,泰氏の子頼茂のとき石塔氏を称した。足利の有力一族である斯波氏渋川氏一色氏も頼茂の兄弟から始る。おもに南北朝期にその活躍が知られ,特に頼房 (頼茂の孫,義房の子) は,足利直義の信頼を得,引付頭人に任じ,一時伊勢守護となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしどううじ【石塔氏】

石堂とも書く。南北朝~室町期の武家。清和源氏,足利支族。足利泰氏の子頼茂が石塔氏を称す。石塔氏は足利支族として足利尊氏の挙兵に応じ各地を転戦する。頼茂の子義房は奥州総大将に任ぜられ,軍事指揮官として活動するとともに,所領の安堵・充行(あておこない)や兵粮米徴収等の権限を行使して奥羽の武士層を組織化し,南朝方を圧倒した。奥羽における足利方の中心として活躍したが,1345年(興国6∥貞和1)に京都に召還され,奥州には畠山国氏吉良貞家奥州管領として派遣された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone