コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石塚資元 いしづか すけもと

1件 の用語解説(石塚資元の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石塚資元 いしづか-すけもと

1779*-1850 江戸時代後期の神職,国学者。
安永7年12月27日生まれ。越前(えちぜん)(福井県)敦賀(つるが)の気比(けひ)神宮権宮司(ごんのぐうじ)。和歌を賀茂季鷹(すえたか)にまなび,本居大平(もとおり-おおひら),平田篤胤(あつたね)らと交流。敦賀の地誌「敦賀志稿」をあらわす。嘉永(かえい)3年8月7日死去。73歳。本姓は河端。名は厳満。号は紫陽花(あじさい)園。著作に「歌道の枝折(しおり)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

石塚資元の関連キーワード岡本保足新井静斎五十嵐華亭春日花叔是一(6代)志貴昌勝島雅重薗田行保藤井昌幸宮地益躬

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone