コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川滋彦 いしかわ しげひこ

美術人名辞典の解説

石川滋彦

洋画家。東京生。東美校西洋画科に入学し、岡田三郎助に師事する。文展で連続特選、のち無鑑査となる。光風会会員となるが、新制作派協会に移り、以後同展に出品した。水のある絵の画家として知られ、湖、海、運河、川のある風景と滞船モティーフに、健康的で清澄な画面をつくりあげた。平成6年(1994)歿、85才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川滋彦 いしかわ-しげひこ

1909-1994 昭和-平成時代の洋画家。
明治42年10月14日生まれ。石川欽一郎の子。昭和13,14年新文展で特選。14年光風会会員。戦後22年新制作派協会会員となる。緑陰や水のある風景をえがく。平成6年3月7日死去。84歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「迷彩する商船」「七月のアムステルダム」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android