コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石弾き イシハジキ

デジタル大辞泉の解説

いし‐はじき【石弾き】

石弓1㋐」に同じ。
遊戯の一。互いに盤の上に碁石を並べ、指ではじいて、相手の石に当てて取り合う。→弾棋(だんぎ)
「男女かた分きて、―も給ふ」〈宇津保・祭の使〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いしはじき【石弾き】

古代の兵器の一。木の弾力を利用して石を飛ばす仕掛け。 「鼓吹、弩、-の類/日本書紀 推古訓
小石や碁石を指で弾いて、相手の石に当てて取り合う遊び。 「男女かた別きて-し給ふ/宇津保 祭の使

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

石弾きの関連キーワード日本書紀弾棋

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android