コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石田英吉 いしだ えいきち

2件 の用語解説(石田英吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石田英吉 いしだ-えいきち

1839-1901 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)10年11月8日生まれ。土佐高知藩士。大坂の緒方洪庵(おがた-こうあん)に医術をまなぶ。天誅(てんちゅう)組の挙兵にくわわり,のち奇兵隊,海援隊に加入。戊辰(ぼしん)戦争にも従軍する。維新後,長崎県令,千葉・高知県知事などをへて,貴族院議員。明治34年4月8日死去。63歳。本姓は伊吹。別名に周吉など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

石田英吉

没年:明治34.4.8(1901)
生年:天保10.11.8(1839.12.13)
明治維新の志士,行政官,政治家。土佐の国安芸郡中山村(高知県安田町中山)生まれ。少壮より文武の業に励み,医術を修めたが,大和天誅の乱(1863)で敗退し長州に走り蛤御門の変(1864)に参戦,坂本竜馬の海援隊に参加,陸奥宗光と親交,戊辰戦争にも出征した。維新後明治政府に出仕して,地方官(長崎県大参事,秋田県権令・同県令,長崎県令,千葉,高知の県知事)を歴任して治績を挙げ,また元老院議官も務めた。第1次伊藤博文内閣で農商務大臣陸奥の下で農商務次官を経歴,その後貴族院勅選議員に挙げられ,没年に至った。明治29(1896)年男爵。孫の英一郎は大正15(1926)年,爵位を返上した。

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石田英吉の関連キーワード土方久元本寂上人佐々木高行山中信天翁行政官太政官札維新維新の三傑太政官布告石井孝

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石田英吉の関連情報