石部宿(読み)いしべしゆく

日本歴史地名大系 「石部宿」の解説

石部宿
いしべしゆく

[現在地名]石部町石部

東海道五三宿の一。宿高一千七一九石余、東の水口みなくち宿(現水口町)まで三里半、西の草津宿まで二里半一七町五四間(宿村大概帳)。石部村に属し、江戸時代後期には一二町を数えた。

〔沿革と規模〕

伊勢大路(古代東海道)が通り、諸人の通行があったとみられ当地付近に石部駅家が所在した。「雅実公記」長治二年(一一〇五)八月条によると、伊勢勅使を命ぜられた源雅実が、帰路二〇日に伊勢を発って「壱志駅」に泊まり、二一日に「関駅家」、二二日には通常のルートである「甲可」を越えて、「石部駅家」にまで至り、翌二三日京都に到着している。嘉承二年(一一〇七)二月一一日条以下でも、再び雅実が伊勢勅使になったことが知られ、一一日「勢多駅家」に泊まった雅実は、一二日には「石部駅家」に入り、一四日に伊勢に到着、帰路も「石部駅館」を利用している。石部駅は臨時に設置された可能性が高いが、のちの石部宿に継承されたとも考えられよう。明徳四年(一三九三)九月、足利義満は伊勢参宮の途次当地に宿泊したという(足利治乱記)。元亀二年(一五七一)織田信長の支配下にあったとき田中たなか村・植田うえだ村・たに村・はす村・平野ひらの村の五ヵ村を併せて石部町となったという伝承があり、戦国時代末には町場の形成があったものと推定される。

出典 平凡社「日本歴史地名大系」日本歴史地名大系について 情報

事典・日本の観光資源 「石部宿」の解説

石部宿

(滋賀県湖南市)
湖国百選 街道編指定の観光名所。

出典 日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」事典・日本の観光資源について 情報

世界大百科事典(旧版)内の石部宿の言及

【石部[町]】より

…東寺にある長寿寺本堂,西寺の常楽寺本堂,三重塔は国宝,白山神社拝殿,吉御子神社本殿などは重要文化財に指定。【松原 宏】
[石部宿]
 近江国甲賀郡の宿駅。石部の名は《延喜式》の神名帳にみえる石部鹿塩上神社によっている。…

※「石部宿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android