コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石野樵水 いしの しょうすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石野樵水 いしの-しょうすい

1814-1876 江戸後期-明治時代の儒者。
文化11年生まれ。石野東陵の長男。江戸で辻元崧庵(すうあん)に師事,のち昌平黌(しょうへいこう)で古賀侗庵(どうあん)にまなぶ。父の跡をつぎ播磨(はりま)(兵庫県)林田藩校敬業館教授となる。塩谷宕陰(しおのや-とういん)らとまじわった。維新後藩の権(ごんの)大参事。明治9年死去。63歳。播磨出身。名は黄裳(こうしょう)。字(あざな)は君美。通称は駿蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石野樵水の関連キーワードブルボン朝おもなお雇い外国人葛飾北斎冒険小説近・現代ラテンアメリカ史(年表)リットンアトランタ・ブレーブスエジソン(アメリカの発明家)シカゴ・カブスシンシナティ・レッズ

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone