コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)目 キリメ

デジタル大辞泉の解説

きり‐め【切(り)目】

切ったあと。切り口。刻み目。「肉に切り目を入れる」
物事の区切り。切れ目。「仕事に切り目をつける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

切目
きりめ

和歌山県中部、日高郡印南(いなみ)町の一地区。旧切目村。切目川河口部で、『万葉集』には殺目(きりめ)山とある。熊野古道に沿い、五体王子社の一つ、切目王子社(県史跡)があり、藤原定家(ていか)の『後鳥羽(ごとば)院熊野御幸記』にもこの地で歌会を開いたことが記され、『平治物語』『太平記』などにもこの地名がみえる。国道42号が通じ、JR紀勢本線(きのくに線)切目駅がある。[小池洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

切(り)目の関連キーワード和歌山県日高郡印南町熊野権現御垂迹縁起印南[町]印南(町)タマゴウニ熊野街道備前包丁熊野懐紙安珍清姫簀の子濡れ縁鹿島錦刻み目切目山縁長押印南町石錘寂蓮土錘長押

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android