コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂田明 すなだ あきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

砂田明 すなだ-あきら

1928-1993 昭和後期-平成時代の舞台俳優。
昭和3年3月7日生まれ。舞台芸術学院でまなぶ。石牟礼(いしむれ)道子の「苦海浄土」の影響をうけ,昭和46年劇「苦海浄土」を上演。47年熊本県水俣に移住し,個人通信「不知火の海から」を発刊。54年から水俣病を告発する独り芝居「天の魚(いお)」を全国各地で公演した。平成5年7月16日死去。65歳。京都出身。高等商船卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

砂田明の関連キーワード斎藤寅次郎島津保次郎清水宏マキノ雅広五所平之助斎藤史スティーブン スピルバーグ衣笠貞之助田坂具隆小津安二郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砂田明の関連情報