コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂田明 すなだ あきら

1件 の用語解説(砂田明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

砂田明 すなだ-あきら

1928-1993 昭和後期-平成時代の舞台俳優。
昭和3年3月7日生まれ。舞台芸術学院でまなぶ。石牟礼(いしむれ)道子の「苦海浄土」の影響をうけ,昭和46年劇「苦海浄土」を上演。47年熊本県水俣に移住し,個人通信「不知火の海から」を発刊。54年から水俣病を告発する独り芝居「天の魚(いお)」を全国各地で公演した。平成5年7月16日死去。65歳。京都出身。高等商船卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

砂田明の関連キーワード吉田文雀森毅伊勢典夫大久保典夫加藤進草鹿外吉鈴木鷹夫立間祥介角田達郎山下和夫

砂田明の関連情報